ブルーベリーなどに含まれるアントシアニンの摂取量の目安について

アントシアニン,摂取量,目安

アントシアニンは、高酸化物質であるポリフェノールの一種で、青や紫系の色素成分です。
アントシアニンは目の健康を守る作用や、目の疲労感を回復する作用があります。
食べ物では

  • ブルーベリー
  • カシス
  • ビルベリー
  • プルーン

などに含まれており、特にアントシアニンの含有量が高いのは北欧産のビルベリーエキスです。
ポリフェノール類は、強い抗酸化力があることから、活性酸素を抑制し、細胞膜を守るはたらきがあります。

 

その他、免疫力を向上させて生活習慣病の予防と改善にも役立てることができます。
目の健康に良い理由は、眼球内の毛細血管を強くし、血流を改善して目のすみずみにわたって栄養成分や酸素を送ることができるためです。

 

また、目のピントを調節する毛様体と呼ばれている部位のはたらきを良くするため、目の疲れを回復へと導きます。
さらに、眼球内の光を感知して脳に伝えるロドプシンという物質の再合成をうながすため、眼精疲労の予防にも役立ちます。

アントシアニンの1日の摂取目安量

アントシアニン,摂取量,目安

アントシアニンの一日の摂取量の目安は、43mg〜90mgほどで目の健康効果が期待できます。
北欧産のビルベリーエキスが原料となっているサプリメントや健康食品で、アントシアニンの含有量が36%の場合は120mg〜250mgが目安です。
食べ物から摂取する場合には、下記の量が目安です。

生のブルーベリー・・・60g〜300g
乾燥したブルーベリー・・・12g〜25g
ブルーベリージャム・・・40g〜90g

効率よく摂取するためには、ビルベリーエキスを原料としたサプリメントなどがおすすめです。

効果とコストを考慮したアントシアニンサプリおすすめランキングはこちらから